BLOG
ブログ
マイホーム計画
2021.6.8

資金計画

 

頭金の用意や、月々可能な返済額、家計の状況をチェックしましょう。

家具やインテリア、引っ越し費用、税金といった諸費用も必要です。

頭金として総費用の3割と考えて、両親や祖父母の援助が得られるなら相談を。

家づくりにかかる費用を大まかに見てみましょう。

 

1.本体工事(地盤改良工事が必要になることも)

2.外溝などの建物以外の工事

3.設計費(設計事務所に依頼する場合)

4.諸費用(税金、申請、登記など)

5.土地がない場合は土地代

6.土地に建物が建っている場合は解体費

7.引っ越し代

8.家電や家具など

 

このように様々な費用が必要になりますので、ライフプランをたててイメージしておくと無理なく家づくりを進められます。

子供の教育費が一番多い高校・大学などを基準に考え、無理なくローン返済ができるプランニングをしましょう。定年後の返済についても考えておくと、より安心です。

 

 

まずはどんなことにお金がかかるのかを知ることが大切す。そのうえでライフプランにあった計画を立てましょう。

家づくりをしていく中で、えっ!こんなところにもお金がかかるの!と予想外のプラス資金に不安になってしまっては、せっかくの楽しい家づくりが、払って行けるかしら…と不安な家づくりになってしまいます。

そうならないよう、ざっくりでも下準備・下調べをしておくとスムーズですよ♪