TRETTIO

トレッティオ

そろそろマイホームと思ってる人も、まだ早いかなと思っている人も、30歳からの家づくり、考えてみませんか?
子育てしやすい家がいいけど、インテリアにもこだわりたい。TRETTIOは、新世代のマイホームへの思いにお応えします。


「ただいま」「おかえり」の楽しいキャンバスがある

「ただいま」「おかえり」と、元気な家族の声が響くTRETTIOのエントランス。
リビングにそのままつづくオープンスタイルの玄関には、壁一面の黒板キャンバスと土間クローゼットがあります。黒板キャンバスは、いわば家族のギャラリー。子どもたちが描いた絵を飾ったり、思い出の写真をいっぱいピンナップしたり、ママがお出かけのときは伝言を貼っておいたり、使い方はさまざま。そして、土間クローゼットは、家族みんなの靴や傘はもちろん、子どもたちの遊び道具から自転車まで、汚れも気にせず受け入れられる懐の深い収納スペースです。そんなおおらかな空間を使いこなすのもTRETTIO流のライフスタイル。子育てしやすく、自分らしく暮らせる、毎日が楽しい!そんなワクワクを生み出す家です。


家族も、家事も、空間もつながっていることが大切

広々としたTRETTIOのLDK+和空間は、開放的にヨコへつながり、オープン階段や吹き抜けでタテへもつながっています。このつながりが、家族の声や気配を伝え、心地よい光や空気、暖かさや涼しいさも伝えます。コミュニケーションが良いことを「風通しがよい」と言いますが、まさにTRETTIOは、家族の絆を育む、風通しのよい家。快適な室内環境にもこだわった、健康を育む家でもあります。
そして、もうひとつ忘れてはならないのが、ママをサポートする家事への配慮。たとえば、リビングの一角に設けた和空間。ママの目が届きやすい子どもの遊び場として、洗濯物をたたんだりアイロンがけをしたり、とっても便利。家族と一緒に居ながら家事もできる、といったママ想いのスペースでもあります。


北欧のあかりが見守るカフェのようなダイニング。

ダイニングキッチンは、家族との食事はもちろん、ママ友達とティータイムを楽しんだり、子どもたちが宿題をしたり、おやすみ前に夫婦でお酒を飲んだり…、さまざまなシーンで活躍する場所。だからこそ、TRETTIOはテーブルや椅子、あかりのデザインにまでこだわり、心地よいカフェのようなダイニングをコーディネイトしました。その中で存在感を示しているのが、世界中で愛されている、北欧デザインを代表するあかりの名作、ルイスポールセン「PH5」。その美しさは、住まう人のセンスを感じさせます。またキッチンにはタッチレス水栓や食器洗い乾燥機、キッチンクローゼット、マガジンラックが装備されるなど、家事をしっかりサポートしてくれる最新アイテムが充実。快適でスマートな暮らしが楽しめます。


自由に、思いのままに子どもと育つ、素の空間

TRETTIOには、子ども部屋を想定したフリースペースがあります。その特徴はオープンで自在に使える、素の空間であること。ドアも間仕切りもなく、階段を上がったホールはグレーチング床で、子どもたちの気配、光や空気の流れを1階へ伝えます。また、部屋とは別に収納力たっぷりのファミリークローゼットを設けておくことで、子どもたちが自分で片づける習慣を自然に身に着けられるように工夫しています。こうしてフリーな空間構成にしておくことで、子どもの成長に合わせて間仕切りをしたりドアをつけることが可能となり、子どもたちが巣立ってからも空間の使い方にしばられることはありません。つねに家族のライフステージにフィットした住まいであり続けることができます。


カラダとココロを癒すちょうどいい、心地よさ。

主寝室は快適な眠りに誘うリラックスできる空間でありたいもの。TRETTIOは、カラダとココロを癒す、ちょうどいい、心地よさをめざしました。収納はすべてウォークインクローゼットにまかせて、多目的に使えるカウンターをプラス。お気に入りの小物を飾って、おやすみ前に読書や音楽を楽しんだり、目覚めのコーヒーを飲んだり…。そんなゆとりあるひとときをデザインしています。

晴れの日も、雨の日も季節を感じる暮らしへ。

デッキスペースでバーベキューをしたり、ガーデニングをしたり、外の暮らしも楽しみたい。TRETTIOは、アウトリビングの暮らしもしっかりプランニングしています。デッキはもちろんですが、2階にある屋根付きバルコニーが特徴的。半屋外空間なので、雨の日も外へ出ることができます。天候を気にせず洗濯物を干すことができ、ママにとってもうれしい空間です。

すべてがインテリアとして心地よく、美しいこと。

TRETTIOは、リビングやダイニングばかりでなく、洗面室やバスルーム、トイレにいたるまで、インテリアとしての心地よさ、美しさにこだわりたい、という想いでデザインしています。それは、機能的な快適性が優先される水まわり空間であっても、人が心地よく使えることが基本だから。特にトイレは、ゲストも利用するおもてなし空間でもあり、リビングと同様な心配りが大切です。

Copyright (C) NISSHO HOME All Rights Reserved.