オーガニックハウス

ORGANIC HOUSE

フランク・ロイド・ライト財団とのライセンス許諾契約を基に展開する住宅供給事業のブランドネームがオーガニックハウス(R)です。
「もしフランク・ロイド・ライトが現代日本で住宅を設計するなら…」というキーワードで、
フランク・ロイド・ライトの住宅に流れる住宅の設計思想を受継いだジョン・ラッタンバリーをはじめとする建築家が、
コンセプトからデザイン詳細に至るまで、作り上げました。
真に素晴らしいデザインは決して色褪せることはない。
流行に左右されず、何十年経っても愛され続けているフランク・ロイド・ライトの住宅に息づく思想を継承して日本に展開します。


自然な光を自然なままに、自然な風を自然なままに。

住まいを考えるとき流行や奇をてらったデザイン、性能、機能だけを考えればいいのでしょうか。
私達は人が住まうという事を真剣に考え、自然な光を自然なままに、自然な風を自然なままに住まいに取り入れ、流れるような空間を創造し、流行に左右されない安らぎ、落着き、居心地の良さを持たせた住まい。そして家族の絆や暮らし方が時代とともに子、孫に継承され、自然に育まれる空間づくりが住まいの本質だと思います。
私達は人が住まうという本質を大切にして永い時を経ても決して色あせることなく、愛され続けていく住まいづくりを目指していきたいと思います。


フランク・ロイド・ライト

フランク・ロイド・ライトは(Frank Lloyd Wright、1867年6月8日 - 1959年4月9日)は、アメリカの建築家です。
ル・コルビュジエ、ミース・ファン・デル・ローエと共に「近代建築の三大巨匠」と呼ばれています(ヴァルター・グロピウスを加え四大巨匠とみなす事もある)。
彼は、生涯にわたり人々が快適に過ごすことのできる住宅を設計し続けました。彼は自身の作品を「有機的建築と称し、自然界に存在する生物のような、機能的で美しい、周囲の環境に溶け込む、普遍的なデザインの建物を提唱し続けました。 それらの建物は今でも世界中の人々を魅了し、建築後100年近く経過した現在でも、ライトがデザインした住宅に住む人々はその住宅に愛情や誇りを感じ、大切に住まい続けています。

Copyright (C) NISSHO HOME All Rights Reserved.