響の家

HIBIKI HOUSE

森の中で音楽を聴き、ゆっくり熟成


音響熟成木材

木造住宅で一番大事なのは「乾燥」だと言われています。その乾燥方法もいろいろありますが、一般的には「自然乾燥」と「機械乾燥」に大きく分かれます。

まず木材にとって最も良い方法は「自然乾燥」ですが、乾燥にとても時間がかかり、乾燥途中で割れることや変形することがあり、ロスが多いため非常に割高になります。

また、「機械乾燥」では熱風やスチーム等による高熱を利用して乾燥させます。 そのため木材の最も大切な油やエキスが水分と共に失われ、同時に木の細胞が破壊されてしまい、木の本来の機能が失われてしまいます。

そこで考え創りだしたのが『音響熟成木材』。
常温熟成庫の中でクラシック音楽を聴かせて、熟成乾燥させます。そうすることで細胞が破壊されず、木材の持つ油分やエキスがそのまま残ることで保湿・保水・防菌作用を持ち合わせ、時間と共に美しいツヤもできます。
まさに「生きた素材」となって、木が持つ本来の力を備え、人の暮らしを快適で心地よくする様々な効果を生み出します。

音響熟成は、一日一日の天候や気温に合わせて、木の様子を確かめながら、微妙な調整をしながら、熟成していきます。音響熟成木材の一本一本には全て番号が付けられており、厳しい品質管理でその質をより高めています。

杉には、ウイルスや細菌毒素などから人体を守る成分「免疫グロブリンA」の増加を促し、人間の免疫力を高める効果があるとされています。
杉の中でも樹脂分が多く、虫にも強い「飫肥杉」を音響熟成することにより、 飫肥杉本来の特性がそのまま生かされ、余計なワックスや塗料を塗る必要はなくなります。
『音響熟成木材』として生まれ変わった飫肥杉は、本来持っている素晴らしい特性をそのままに、私たちの生活と健康に大きく貢献してくれることになります。

『音響熟成木材』は、表面に凹凸を出す「うづくり加工」を施した床材・天井・壁材のほか、構造材、親父柱(丸太・大黒柱)など、家づくりに幅広く使用できます。
『音響熟成木材』は、圧縮、引っ張り、曲げなどの加工に対する強度性能についても、第三者機関による調査の結果、高い評価を得ています。
立体感のある木の風合いを目と肌で感じることができ、冬はあたたかく夏はひんやりとしていて、素足での暮らしが楽しめます。

Copyright (C) NISSHO HOME All Rights Reserved.